ごあいさつ

カコミスル
カコミスル

画家、牧野四子吉(まきの よねきち-Yonekichi MAKINO/1900~1987)が亡くなって、4半世紀が過ぎました。このほど念願のホームぺージを、牧野四子吉ホームぺージ編集委員会が作成いたしました。

 

2001年、京都での本格的な回顧展を皮切りに、2003年から2005年の大規模な全国巡回展、2007年の兵庫・芦屋での展覧会と、これまで数多くの展覧会で、牧野の作品を多くのみなさまにご覧いただく機会を持つことができました。

 

展覧会に足を運んでくださったみなさまの中には、「親しんできた図鑑や絵本の画はこの人の手によるものだったのか」とご自身のこども時代を振り返ってくださった方も多いことでしょう。

一方で、あらゆる画像を瞬時に手に入れることができてしまう現代社会を生きるこどもたちもまた、展覧会場で、本当に夢中になって、牧野の原画のすみずみまでをみつめてくれました。

 

タマコロガシ
タマコロガシ

こどもたち、そしてこどもたちに寄り添い共に未来へ歩む大人のみなさまに、今改めて牧野の作品とつながっていただける場を作りたいという願いが、このホームぺージ開設の礎となっています。

一人でも多くの方が牧野の作品と出会ってくださることを心から願って。

 

 

2012年12月

アトリエまきの

牧野四子吉ホームぺージ編集委員会